■2007/08/27

ジュピロストリオ FT→BM

罠狩りってなんぞ、今までやったことなかった。
スキルのレベルが3になったので、てことで、
練習すればいいんじゃね、ジュピロスに行こう、

PTメンバ多いほどタゲ分散して一箇所に纏め上げるのが厳しいけれど
そこはハイディングの徹底、前衛は必死でそれを拾い纏める
ジュピロス特有のMOBの多さや横沸きがめっちゃあるけども、

0827

トリLK まぼSn 葉書HP

停止から殲滅までにかかる時間は他のどの職業よりも早いと思う、
しかしそこに至るには結構な条件が、
一定以上の数を集める、その上で一箇所に纏め上げなければならない
追加や横沸きが非常に手間なんだ、魔法みたいな適当は許されない、

08272

条件が厳しいが決まれば一瞬で勝敗が決定して負担も少ない罠か、
無条件にお手軽に強いけど支援の負担が大きな#stか、
もちろん状況に応じてどちらも使っていくのが最善、
罠だけで落としきれなかった残りのベナトーを#stとDSで処理していった感じ。

今回は3人で、MHPの高いLKを前衛を加えて行ってたわけだが、
PTの人数が増えるほどに、難しくなってくるのは意思の疎通、
どこで停止して、どのタイミングで殲滅に移るか、具体的にはこのようなこと。
タゲが移りやすく射程のあるベナトーは、
後衛が適度に距離をとっておかないと、纏めるとかいうレベルじゃないので、
特にここでは、他の狩場に比べて、後衛は前衛の様子を把握しづらく、
迅速にすべき殲滅が遅れることも。

そこでいろいろ試した、特に使いやすく分かりやすかったのがサンクとSW
支援である僕は、ベナトーの背中を追うことになるのだが、
そこから、今どれだけの数を引いてるか、罠爆破に足りる数かを適当に予測して、
ここだ、というタイミングで、前方にサンクやSWを展開する。
前衛はここに飛び込め、ということ。そうすることで座標の正確を示しやすい、

お互いが視覚で位置を確認、前衛の停止位置を予想できることで、無用なタゲ移りやグダグダを回避、
罠を置く位置も素早く判断しやすいという特典、
あんまりトリオやらへんかったしな、
フフフ、罠のレベルが上がればもっと楽になるかしら、楽しみに。