2011年02月11日 11:51

 同居恋愛

彼女は酷く寂しがり屋である。

朝、私を起こすのは彼女の仕事の一つでもある、だがしかし朝ごはんは私の仕事だ。

彼女はあまり器用な方じゃない為、仕事を任せるわけにはいけない。

作っている間匂いに誘われてか庭を眺めていた彼女が近寄ってきた。

「まだご飯できてないぞ」

私はそういいながら台所の向こうからこっちをまっすぐ見ている彼女にいった。

分かってるのか分かってないのか良く分からないが、一度頷いてから彼女はまた窓の外を眺めている。

ご飯が終わると私は仕事のためにスーツに着替えるところをジーッと見てくる。

「今日は早く帰れるかもしれない、お昼ご飯はいつものところにおいてあるよ」

私はそれだけ言って、ドアをあけ外へでた、初夏と言え雨季がまだ続いているのか、じめじめとした空気が頬を撫でる。

この会社に行っている間が一番心配である。

彼女は不器用なくせに何かとしたがり、よく家に帰ってくると部屋の中がすごいことになっているときがある、後片付けは私の役目だが、きょとんとした顔で手伝ってはくれやしない。

毎度のことだが、帰ってきて部屋がすごいことになってるときはいつも、玄関の前で律儀に待っていて、すまなさそうな顔でこっちを見てくる、これじゃこっちが折れるのも仕方ない話である。

なるべく台所のほうには近寄らないように言い聞かせているが、お昼ご飯のたびにわざわざ私が隠しているお菓子のほうを探しているのか、被害は台所が多い。

包丁やコンロがあるから怪我をされては困るためきちんと言い聞かせるが、毎度のように分かったような素振りで私をだます。

案の定帰ってくると部屋はすごいことになっていた。

「まったく、少しは大人しくしておいてくれよ」

小言も聞かない素振りでそっぽを向いている、

「にゃー」

一言だけ返事が返ってきた。

彼女なりの「ごめんなさい」だったのかもしれない。

その一言でついつい私は彼女を許してしまう。

 

コメント

1番~3番を表示

2011年
02月11日
12:37

1: 春野☆蘭香@Trudr(休止中)

新着から猫
冒頭から思いましたが、彼女に対する愛を随所にかんじますね~。
ほんと、憎めないですよね揺れるハート

2011年
02月11日
15:36

2: まはら

う…うちの彼と彼女(成猫雄と幼描雌がいるので)は
人がいない時間は 監 禁 ですからー!
(三段ケージを買いました…)

2011年
02月11日
16:50

3: 激おこぷんぷん丸

>>1 はるの。@freyaさん
なにしても許せてしまう魔力をもってます。
いくらそっぽを向かれても愛情を注げてしまいますねw

>>2 まはらさん
まはらさん・・・まさかの両刀だったとは・・・
監禁・・・それもまた歪んだ愛情表現・・・!
は、おいといて。

実家の彼女達は、
人が居ないときは玄関と廊下に行動範囲を限定させてますね。

・・・ましたね。
いまやドアノブに飛びついて開錠するので、
扉の敷居は、もはや意味を失いました。