eat
author : imari | 2005.12.23 Friday 19:04
時間をかけさえすれば欲求を満たすことの出来るMMORPGのシステムは、
非常に強い中毒性を備えている

ゲームをやめようとしても、それはもう一人の自分を抹消するのと同じ行為であり、容易いことではない
次第に現実が仮想現実に飲み込まれていき、現実での思考能力を停止させる
ゲーム中は常に目が輝いており、うすら笑みを浮かべてはいるが
その姿は最早魂を抜かれた肉の塊でしかない
2進数に支配された愚民どもめ、早く現実に目を向けるのだ!

■ROEXP2倍期間 スナイパペア

二倍期間です。
なんかPCつけた瞬間メッセではやくログインして狩りいくzとお誘いが
しかしパッチ落ちてこない(‘A`)

なんとかログイン

とりあえず亀

二倍1

ものたりねーってことで

監獄2を提案

その狩り方というのは

二倍2

あつめるだけ集めて

二倍3

#シューティン

二倍4

この間約6秒
LA入れてるゾンビは横沸きでs

二倍5

二倍6

二倍7

二倍8

二倍9

二倍10

二倍11

二倍12

二倍13

ヤバイ。楽しすぎ。

二倍14

服もでてウマー
過剰は恐いので+4で予備闇服作ろうと思います

今回の、監獄2でのプリの動き方は、
まーふつうにかき集めるだけですが。
かなりやりやすかったデス。
なぜかというとそれは、スナイパさんが、とってくれるプリとの間合いである。

トレイン狩りの場合によくおこるんですが…

インジャとかも、インベでタゲ固定はできる。
しかし、どんどん量が増えてくるとゼンブの敵に、インベ入れるのはむつかしいよね?
ここで普通は問題が起こる、それは後衛である、ハンタやWIZにタゲが流れちゃうことです。
しかし今回はそれがほとんどない。

タゲがうつらない、ギリギリの距離で後ろを歩いてくれる。しかもミスなく。
これ、基本だけど、出来てない人が結構多い。葉書さんふくめ。

二倍17

この微妙な間合い。
スナイパに無駄なヒールを送らなくていいので、
安心して敵を引っ張りまわせる。

どんだけ集めても、ほとんど#2撃で片付く。

・シャア→FA一撃
・タロウ→FA一撃
・ゾンビ→LADS一撃 or #二撃
・隠者→LADS一撃 or #二撃
・リビオ→LAFA一撃
・フェンダ→LAFA*二撃

タブン武器は中型コンポだとおもう
グロリアが#撃ちはじめろって合図

この狩りのテンポはヤバイです
前の記事でも書いたがスキル中心の戦い方なのでINT高くないとダメです
まじ楽しス

そしたらなんか木屑ほしいらしい

二倍15

なんの材料なんだろとか思った。

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

あーなるほどね。

正直に言います。他の人のみてると、
あーカワイーとか思いますが。
自分で使うと。

キモイデス、ハイ

ネタなんだけど、ちょっとその姿を晒したくない。
ゼッタイ晒さないんだからね!

てゆうか。まぁ、転生職ならではの戦い方ですね。
最近このスナイパさん誰ー?って聞かれるようになったのでちょっと紹介
このスナイパさんは葉書さんがROをはじめて、
ROの中で初めて言葉交わした人、うん、柚騎が剣士の時ね、
そのころはスナイパさんもアチャだったんですよ
そのころのSSはなかったけど、
お互い騎士とハンターになってからのSSは残っていた

あのころ1

炭鉱ですね、プリなしPTとかこの頃はアタリマエでした
あー・・・よくみたら2HQってこんなにエフェクトかっこよかったんだ・・・
㌦様がいたんだよなぁ、この頃w
なんか知らないうちに自分が帽子もってて、
なんかこんな感じの会話してたのを覚えてる

葉書「ビレタって何?レアなの?」
「さぁ?なにそれ?」
葉書「帽子。装備できない。」
「ん~わからないから、もらっとけば?」
葉書「ありがと~」

何も知らないって楽しいね~w

あのころ2

GD3です。アルゴスがいて、一次職PTでも来れるダンジョンでした。
楽しかったのを覚えてる。

あのころ3

ペアでワニ狩り。
DSが、葉書さんの信じられないようなダメージがでるので、
インデュアでたくさんつれてきたら怒られた図

お互い別ギルドにはいって、毎日顔をあわせるような環境じゃなくなったけど、
イチバンふるい友人といった感じで、たまーに無茶な狩りにいったり。
なーんにも気を使わなくてすむしね
葉書さんは火力になることを捨て、
防波堤となることを選び、その道を信じて進み、
このスナイパさんは一撃必殺を極めるコトを選んだ、
まったく違いますね。うん。
でもいいと思うよ。

またあとで亀行ったら

二倍18

二倍19

ウマー(゚д゚)

てゆーかこの記事かくの時間かかった!
めっちゃかなりかかった!
昔のSSあさったり・・・
イロイロ大変だったから、読む人はじっくり読んでね!
らぐな | comments (0) | trackback (0)
Comments