■2007/01/15

あとになってから狩りの様子を確認できる動画というツールは、
とても便利なものだと思う

城でのSGからの氷割りの際に意識する事

城で必要なコト、何回も繰り返し行って自分で感覚を覚えるのが一番ではあるけれど。
意識すべきは無駄のない動きで手数を押さえ、最短の殲滅を目指すこと。

●SGの効果時間を最大限に生かす

基本的にSGによる殲滅となるわけですが、最短の一歩として、
対複数において、まず初撃はSG。大抵の場合、例外を除いてお決まりである。

PTの出来、不出来が分かれるのはココから先だ。
SGの効果時間内(4.5sec)に、時間を無駄なく有用に使い、
どういった行動をとっていけるか。
どれだけの追加を呼び込み、氷像を解凍できるか。

城においてのWIZの基本となるINT126+SG10
この数字は、SG6HIT以内で城の主食である、禿、本、レイドが大体落ちる数字である。
SG6HIT、つまり、氷像を一回割ることで、MOB一匹あたりについては、
SG一回で戦闘が終了する、ということだ。

●各々ができる解凍手段を、瞬時に判断。

では次に、解凍手段についてを考える。

まず、素で殴って解凍。これはWIZもプリも使える解凍手段で、
射程距離は短い。

次に、プリの使えるリカバリー。これも氷割りの人気スキル。
こいつの利点は、射程距離が長く、SGでアッチコッチに飛び散り、
正確な氷像の位置のわからないモノの解凍に便利。
ただし、2secのディレイがあるため、SGの時間内に何度も使うことは難しい。
これだ!というのを決めてかかるといいだろう。

そして三つ目はマグナムブレイク。これは一度に大量の氷を解凍する時に使える。
範囲はかなり広く、5*5セル。HDやTSと同じ範囲。
氷像の位置と自分の位置を見極めて使うことが大事。
ディレイが2Secあるために、こちらも連打は出来ない。

WIZが主体的に行う場合、スクロールからのサイトラッシャーやHDでの氷割りなどもあるが、
城においては使うまでもないと思うし、プリ視点からの考察なので、
WIZにそこまで求めることはしないので、却下。

これらの解凍手段を用い、集めたMOBをどれだけ解凍するかがカギ。

基本的に氷割りはプリの仕事だが、プリが全てを割り切れるわけではない。
状況によっては、WIZも積極的に、素殴りで解凍の手伝いをするのが、
最短の殲滅への近道である。

プリも、WIZも、お互いこれを頭に入れておく必要がある。
つまり、プリの解凍すべきはWIZの手の届かない範囲のMOB、である。
遠くに散ってしまった氷像へのリカバリが優先されると、僕は思う。