■07/09

知は力 無知は罪 20070708Gv

昨日もGvとかやってました
前半はレースをするけれど後半からはいろんな砦を遊んで回って

0709

小規模な防衛をしてくれるギルドがあると、敵味方、お互い楽しいと思います、
僕等は攻めるだけなので、遊びを与えてもらい、楽しませてもらっている側なのですが。
敵さんも楽しんでくれてるのかな、お互い気持ちいいモノになればイイナァ。

それには、相手の意思に、積極的に応えあっていく必要があるのです、
無論、自分のやりたいことが、一番優先されることですが、心の余裕と遊び心があると、
普段は気づかない楽しさが見つかるかもしれない、そう思うヨw

07092

Gvをやる目的は人によって違う、これは前にも言った、
それが180度違おうが、360度違おうが、自分と考え方が、かけ離れてるからと言って、
一蹴するのはよくない。お互いの話を聞き、意見に耳を貸せば、
自分が普段は見えていない、自分とは違う視点の人からの解釈や理解、判断が、見えてくるよね。

見聞を広め、たくさんの引き出しの中に様々な情報をストックしておく。
これが大事なの。たとえ、その時の自分にとっては必要性の薄いモノであっても、
いつそれが必要になるかわからない。
人によって考え方の違う、それって楽しいことですよ?w

07093

本当の意味で臨機応変な対応というのは、引き出しを沢山用意しないと、デキナイ。
その状況に必要な情報を瞬時に理解し、どの引き出しから、何の情報を取ってくるか、
さらに他の引き出しから取ってきたあの情報を組み合わせて・・・

そう、必要な情報の必要な部分だけを切り抜き集めて、一瞬で作戦を組み立てる面白さ、
そのためになら、どんな些細な情報でも聞き逃すのは勿体無いんだぜ?

今の味方戦力で敵に勝てるか?いままで戦ってきた相手ならどういうパターンで来るか?
Gvは、そうですね、考えることがが面白いのですよ、レーサーとして。
本当に駆け引きですよ、相手がどう出てくるか、自分はどう対応していくか。

07094

まぁ、どうでもいい話ですが、MOB戦闘、狩りにおいては、
繰り返し挑戦し慣れていくことで、
必要なモノを「ヒトツ」の引き出しに纏めることができるんですよ。

それに比べ、対人においては、
Gvも、だんだんカタチが定着してきてはいるけど、
本当の意味で引き出しを「ヒトツ」纏めることは、絶対にできない。

例え話ばっかりで本当に国語能力の低さを自分で感じるナw