1696413014_61

暇だったので、僕はよく夢を見ます。
夢はわりとよく覚えているほうで、
中学生の時から、
夢日記をつけるようになってからは、
特徴的な夢は目覚めても記憶できるようになったり、
夢の中で夢と自覚できる機会が増えてきました。
最近は自覚できる夢を狙って見れる事もたまにあったり、
稀に感覚まですごくリアルな時もあります。

…というのは置いといて。
夢の内容を覚えていることあるんですよね。

そうやって夢をみてると、
いろんなパターンの夢があります。
自分が夢の中の人物になる視点であったり、
自分が空気になって登場人物を客観的に眺める視点であったり。
突拍子もないような夢ならではの超展開であったり、
物語や小説のストーリーを追うような展開であったり。
実に様々なパターンがあります。

その中での、ひとつのパターンなのですが、
恋愛の夢を見ることも結構あります。

もちろん人間の恋物語を描く夢が多くなのだけど、
恋の話にもさらに分類化されていたりします。

そう…人間以外の話。
普通の人間が、生身の人間ならざるものへ向ける”好き”という気持ちを、
描く夢をしばしば見ます。

例えば…
西洋人形であったり、ロボットであったり、幽霊であったり、
楽器であったり、雪女であったり、サボテンであったり…

こういうタイプの夢はほぼ例外なく、
悲哀に満ちた展開になります。
どれだけお互いが好きあってて、愛し合ってても、
片方が人間であるが故、人間ならざるものへの、その想いは、通じることがない。
いや、通じてはいるのだろう。
しかし、社会的に、道徳的に、認知され、許されるものではない。
その越えられる事のない壁に思い悩み、
苦しんで泣いている話がほとんどなの。

大体は苦しむ側の視点になって、夢を見ることが多いですが、
夢の中でも、辛くて、苦しくなるし、涙が出る。
自分自身がその登場人物となることもありますし、
性別からしてまったく違う人物となり、
苦しむその人物の気持ちや感情を共有しながら話を見ていく、
というタイプもあります。

感情を持ったロボットと相思相愛になって、ずっと一緒に居ることを誓うけど、
世間からは後ろ指さされて笑いものにされ続ける夢とか、
ギター抱きしめて泣いてる夢とか、
具体的に内容を書いてみるとすごい滑稽なんですけどね。
夢の中では、本気で好きで、叶うことの無い想いに涙して、辛いんですよ。
あ、ギターの夢は人間の片思いだったと思います。

どういう暗示であるのかは不明ながら、
こういった類の夢を見るたびに、
好きになるのはどういうことなのか。
よく考えます。

そういうのを繰り返してるうちに、
僕は、本当の愛とは何ぞや、と考えるようになりました。

夢でよくみる、人ならざるもの。
それを愛する気持ち。
そこにこそ、真実の愛が宿るのではないか。

でも、人間同士に、愛はあります。
でも人間には種の保存という本能があります。
男女が好きあうのは当然のことです。
つまり基本的に人間は、本能に左右されるだけの、
馬鹿で、愚かな生き物なんです。
平和な現代だと、道徳やモラルに守られて、
本能を理性で縛ってる部分もありますが、
基本的に、生物であるかぎり本能にしたがって動きます。

恋をすること…
それは、愚かで、盲目になること。
それでも、人は何度でも愚かで盲目になろうとする。
自ら、求めるんです。誰もが、ね。
恋をするって、とっても気持ちいいことですからね。
でも僕は、人間が馬鹿で愚かな生き物であることについては、
とても神秘的だと感じますし、そんな人間がとても大好きです。

というか、
本能のまま生きる事が、
愚かであるとか、盲目であるという定義を定めたのは、
現代に生きる人間自身です。
僕は、本能って素敵で綺麗で、すごく自然的な美しさがあると思ってるんですよ。
でも、それを醜い汚いものというイメージを作ったのは、他でもない人間そのものです。
常識と道徳とモラルを、長い歴史の中で定めてしまったからね。
本能それ自体が醜悪なものだと教育されてきましたから。

そう、人間である限り、
男女同士が、お互いを好きになるという気持ちには、
本能が求める欲を満たすという、見返りがあります。
しかし、人間ならざらるもの場合、どうでしょうか。
見返りが生まれるでしょうか?
何か得しましょうか?

…僕が思うに、
なにも見返りが生まれない。発生しない。
決して、何も得られなくとも、それでも、
何かを好きになる気持ち。
愛する気持ち。
守ってあげたいという気持ち。
一緒に在りたいという気持ち。
純粋に、幸せで居てほしいという気持ち。

こういった、何も求めない、見返りが生まれない、
それでも強く想う事こそ、
生物であることの本能すら一切排除し、超越した、
本当の意味での”愛”だと、考えます。

もちろん、人間同士であっても、
こういった気持ちは生まれると思います。
でも、人間の、男女という時点で、
それ以外にも本能という部分が、必ず含まれてます。

そう…ですね。
僕が述べた、本当の意味での”愛”ってのは、
”親愛”というものに近いものかもしれません。

親が、自分の子供に幸せであってほしいという気持ち。
どんな時でも、親だけは必ず子供の味方になってくれること。
ただただ、子供に元気で居てくれる事を願うこと。

毎日手入れをして、水をあげて、植物を育てること。
ただただ、元気に成長してくれるのを願って、
何も喋らない植物を、何もしてくれない植物を、
愛情かけて大切に育てること。

こういう気持ちこそ、
本当の意味での”愛”って言うんじゃないでしょうか。
親→子の感情については、ぶっちゃけ本能なんですけど。
見返りを求めない愛ってことで例として出してみました。

もしも人間同士の駆け引きだけを恋愛というのなら、
僕が考えていることは、恋でも愛でも、
なんでもないのでしょうね。

…それとも、本能から来る気持ちや感情も全部含めて、
”愛”と呼んでるのかな。
本能も全部ひっくるめて愛、っていうか、
愛そのものが本能っていう。

そういう場合は、
”どうこうすればそれは本当の愛”だとか、
”こういう条件を満たしてないからそれは愛とは言えない”とか、
定義できるものじゃないですね。

もしかすると、もしかしなくても、
本能に影響されないものは、愛とは呼ばないのかもしれないし、
呼ぶかもしれない。

…それは、人によって、ってことかな。
ただ単に、人の数だけ、沢山の愛がある、というだけで。

ちょっと頭の中の整理と、
分類をしたくて書き始めてたんですけど、
考えれば考えるほど答えの出ないものです。
余計に混乱しました。
うん。人間って面白い。

でも。
人間の深層心理。
とっても、興味深い。
宗教でもオカルトでもどっちも興味ないけど、
人間の気持ち。心。脳で何考えてるのかとか、
すごく神秘的で面白い。

特に、”好き”になるという気持ちは、
一番深いテーマだと思うんですよ。

僕は僕なりに、
考えて、追いかけていこうと思う。

常識という、人間という縛りがあること。
これがカギだと考えてます。
僕が思うに、人間はもっともっと複雑で不思議で、
いろんな可能性あると思ってます。

とあるなんちゃらじゃないですけど、

”パーソナルリアリティ=自分だけの現実=思い込み=超能力 ”

は、誰にでもあるし、みんな持ってると思ってますよ。
ビリビリとかテレポートとかの物理干渉じゃなくて、
精神に干渉するカンジのねw

 

コメント

1番~2番を表示

2011年
03月27日
02:45

愛があるからこそ殺し、愛があるからこそ死に
愛があるからこそ奪い、愛があるからこそ奪われる。

愛は理解できないものだし、理解されないものである。

愛は一種の狂気であるともいえる。
狂っていなければ、常識を砕かなければ、愛にはたどり着けないのではないのか。

まぁ、簡単に言ってしまえば愛は社会性だとか道徳に反するもんで
他人に迷惑かけまくりつつ表現されるものだと思う。

2011年
03月28日
02:10

愛・・・?躊躇わない事だろ?

串田アキラが言ってた!!!

1番~2番を表示